ジャスダック上場

不動産の売買、管理を行うアズ企画設計(埼玉県川口市)は3月29日、東京証券取引所JASDAQ(ジャスダック)市場に上場した。同社は1989年に設立し、2003年に商号変更し、不動産業を開始。首都圏で1億~5億円の中古収益不動産の再販を中心に、賃貸管理と家主業も行う。直近の17年2月期の売り上げは前期比64.4%増の47億4225万円、営業利益は同429.1%増の2億9994万円。
中古物件を買い取り、改修後、入居付けを行い投資家に販売する再販事業は売り上げの8割を占めており、さらなる事業強化を推進する。


松本俊人社長は「弊社の3つの強みは、スピードを生かした決定力、多様なソリューションを生かした開発力、ユニークな組織力。これからも皆さまのお役に立てるよう社員一丸となり努力していく」とコメントした。

関連記事