入居者向けサービス、会員10万人に

ハウスメイトパートナーズ(東京都豊島区)は3月26日、提供する入居者向けサービス『お部屋+(プラス)』の会員数が10万人を超えたと発表した。
同サービスは2014年12月より首都圏で提供を開始した。入居した部屋のキズや汚れを写真で保管し、退去時のトラブルを防ぐ『入居フォト』や、設備の不具合をWEB上で常時受け付ける『WEB設備トラブル受付』などが好評で、16年4月には会員数3万人を突破。17年1月から全国展開するなどして新規会員数を伸ばしてきた。提供開始から約3年となる今年3月3日に10万人に達した。


飛行機工場見学やバーベキュー、座禅会などの会員限定イベントも人気が高く、今後もこのような体験型イベントを通してブランド周知と入居者の囲い込みを強化していく。今月からLINEなどのSNSアカウントと連携し、利用率の向上を図る。

関連記事