賃貸契約の流れを動画紹介

公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会(以下、全宅連:東京都千代田区)と公益社団法人全国宅地建物取引業保証協会(以下、全宅保証:同)は3月23日、初めて賃貸住宅で一人暮らしをする新大学生や新社会人に、契約・入居に必要な情報を提供するドキュメンタリー動画『はじめての一人暮らしガイドムービー』を、全宅連のホームページで公開した。
全宅連と全宅保証が発行している小冊子『はじめての一人暮らしガイドブック』をもとに作成したもの。同ガイドブックは、賃貸借の基礎知識、用語解説、契約・入居の流れと留意点などを収めており、年間約6万部を全国の高校や大学に無料配布している。今回、若者向けに動画という手段で一層の周知を進める。


全宅連では「既存のガイドブックと今回制作したムービーを活用し、一人暮らしという大きな環境の変化に不安を感じる若者に対して、正しい賃貸借知識の啓発を図りたい」と話している。

関連記事