共用部の電気代を削減

不動産管理やビルメンテナンスを行うトライアス(大阪市)は1日から、ビルやマンションの共用部の電気代を削減するサービス『管理組合・大家さんのためのトライアス電気』の提供を開始した。
同サービスは、同社が2017年6月から取次店となっている新電力事業者のエフビットコミュニケーション(京都市)の料金プランを適用し、共用部分の電気料金を削減するもの。電力小売り自由化で従来より低料金のプランを提供する新電力を使い、共用部にエレベーターがある賃貸マンションでは、従来の電力会社との契約時と比べて平均約10%の電気料金削減実績があるという。
空き家数の増加や、空室対策としての家賃や初期費用の値下げなどで、低下傾向にある賃貸物件の収益性の改善につながる。


一方で新電力への切り替えに不安や疑問を持つオーナーへの相談に応じる。電力供給については既存の電力会社の送電網を使うため品質や信頼性が変わらないことや、入居者各戸の電力契約には影響しないことなど説明。年間で50物件の導入を目指す。

関連記事