IoT利用可能1000万世帯に

インターネットプロバイダーのイッツ・コミュニケーションズ(東京都世田谷区)は11日、IoT(モノのインターネット)を活用したスマートホームサービス『インテリジェントホーム』の接続可能世帯が1000万世帯を超えたと発表した。サービス開始から3年で全国45社にサービス提供事業者を拡大した。
2015年2月にサービスを開始、同年4月から全国のケーブルテレビ局向けに提供している『インテリジェントホーム』は、インターネットを使って、スマートフォンからスマートロックの開閉状況の確認と施錠ができる。エアコンや照明などの家電のコントロール、IPカメラによる子どもや離れて暮らす両親の見守りも可能だ。
アパートやマンションなど賃貸住宅の同サービス導入実績も数百棟ある。オーナーにとってもスマートロックによって入退去時の鍵の交換負担がなく、同社のマンション一括型のインターネットサービスを使用している物件などでは導入もしやすいという。


16年3月には5事業者(接続可能世帯数約120万世帯)、17年3月には37事業者(同約900万世帯)と、提供事業者を拡大。担当者は「民泊でのスマートロックの利用や、介護施設での見守りに使われている事例もあり、今後も行政を含めた多方面への提案をしていく」としている。

関連記事