京町家から宿泊施設へ再生

不動産クラウドファンディング事業を手掛けるクラウドリアルティ(東京都千代田区)は3月27日、京町家再生プロジェクトにおいて運営を行うトマルバ(京都市)が改修した宿泊施設『宿ルKYOTO鏡ノ宿』を開業した。
物件は京阪電鉄「清水五条」駅から徒歩約5分の場所に建つ築100年を超える木造2階建て。これまで1年半以上は空き家だった。
同プロジェクトは不動産証券化と投資用クラウドファンディングを融合し、京町家を宿泊施設として再生する国内初の取り組み。京町家は現在、担保価値が認められずに改修費用のための融資を受けにくい状況にある。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事