問い合わせ対応改善

AMBITION(アンビション、東京都渋谷区)は16日、入居者やオーナー、仲介会社からの問い合わせに円滑に対応する新しいシステムを構築したことを発表した。
問い合わせに対応するAIチャットと電話のオペレーターを一元管理し、最適な業務分配することで作業効率とサービスの質を高めるもの。コールセンター向けのFAQシステムを提供するサイシード(東京都新宿区)と、クラウド型システムを提供するコムデザイン(東京都千代田区)との事業協力によるもの。
サイシードが開発したのは、LINEなどのチャットツールを用いてコールセンターの効率化を図るシステムで、AIを活用し、自動対応と有人対応を組み合わせ顧客対応のコスト削減を図る。コムデザインが開発したクラウド型プラットフォームと連携することで、チャットと電話オペレーターを一元的に管理することができるようになる。


オペレーターの作業量や問い合わせ内容によって細かく対応方法を分配することができる。深刻なクレームにAIが不適切な対応をしたり、電話口で相手を待たせてしまうようなことが改善される見込みという。

関連記事