首都圏で時間貸し事業開始

不動産フランチャイズ事業を展開するハウスドゥ(東京都千代田区)は4月20日、空室・空き家の時間貸しレンタルスペースサービス『タイムルーム』について、首都圏で初めてサービスを開始したと発表した。
同日サービス開始となったのは、千葉県船橋市内の1R(23.75㎡)の物件で、1時間当たりの利用料金は税込み790円。6人まで利用可能。開始直後から利用予約も順調という。
2月に開始した同サービスは、オーナーが所有する物件の空室を時間単位でレンタルする。利用者は専用のスマートフォンサイトから予約し、さまざまな用途で空室を使うことができる。
現在はマンションの居室タイプ、会議室タイプ、ラウンジタイプなどがある。ホームパーティーや企業のレクリエーション、ママ友ランチ、サークルのミーティングなどに利用されており、リピートも増えている。
サービス開始以来、不動産会社やオーナー向けの説明会を東京や大阪で行っており、利活用方法についての問い合わせも多いという。担当者は「首都圏は人口に比例して多数の利用者が見込まれる。これまでの利用状況を見ると、想定以上に利用方法も幅広く、潜在的なニーズは大きい」としている。


今後はカード決済や、電子鍵(スマートロック)の開閉までウェブサイト上でワンストップで行えるようにしていく。システムを整えながら、加盟店だけでなく、他の不動産オーナーまで広くサービスを提供し、首都圏をはじめとする全国で『タイムルーム』の物件を展開していく。

関連記事