ゲート式駐車場も予約可能に

駐車場の空きスペースと利用者のマッチングサービスを展開するakippa(アキッパ:東京都千代田区)は9日、IoT(モノのインターネット)を活用したゲート式駐車場のコントロールシステム『シェアゲート』を、電気錠を手掛けるアート(東京都品川区)と共同開発した。akippaの駐車場予約アプリケーション『akippa(アキッパ)』を通じて、ゲート式駐車場での事前予約・オンライン決済を可能にした。
従来は入口で駐車チケットを受け取って入庫し、出庫時は現地の管理人に予約情報を提示して出庫する。一方『シェアゲート』では、専用端末をゲート入口に置き、利用者が車でゲートを通過する際、スマートフォンで『akippa』を起動すると予約情報が自動で認識され、ゲート操作し入出庫できる。


専用端末と利用者のスマホは無線通信技術のBluetooth(ブルートゥース)で接続。アプリをインストールしていなかったりスマホを持っていない場合は専用端末のテンキー操作で対応。
akippaの金谷元気社長は会見で「『akippa』蓄積してきた実績からユーザーの声を生かして『シェアゲート』の使い勝手を高めたい」と語った。

関連記事