収益物件のビットコイン決済に対応

中古マンションの再販を行うスター・マイカ(東京都港区)は11日、収益物件の購入時に仮想通貨で支払えるサービスを開始した。仮想通貨事業者のビットフライヤー(同)と提携し、投資用中古マンション販売の際、ビットコインによる決済に対応する。
決済時には、『bit Fiyer(ビットフライヤー)ウォレット』を使い、1回の決済につき5000万円相当分のビットコインを上限に支払える。500万円以上の金額の際には、決済の回数を分けることも可能。「ビットコイン運用で得た利益で車や宝石を購入する投資家が出てきており、収益不動産の購入ニーズもあると考え、今回のサービス開始に至った」とスター・マイカの担当者は話した。


同社で販売・仲介する中古マンションは2000~3000万円と、ビットコインで得たキャピタルで買いやすい金額帯だ。
新たな顧客の獲得や、決済の選択肢を広げ同業他社との差別化を目指す。

関連記事