スマホで賃貸の収支予測

マンションの開発・管理を行うコスモスイニシア(東京都港区)は10日から、収益不動産の事業シミュレーションができるサービス『VALUE AI(バリューアイ)』のスマートフォン版の提供を開始した。
サービス自体は不動産投資家向けに2月からスタート。保有物件や購入を検討する案件について、賃料変動予測や不動産価値の推移を確認することができる。対象になるのは1棟ものの賃貸マンション。会員の7割がスマホから閲覧していたため開発を急いだ。


同社は「売却依頼が来ている案件もある。いつ売り時なのかが分かるシミュレーションになっているため、潜在的な売却顧客へのアプローチになると考えている」と話した。サービス開始から投資家の集客効率が4.5倍になったと効果を実感している。

関連記事