戸建て賃貸の普及目指す

一般社団法人貸家経営塾(広島市)は5日、新たに立ち上げた戸建て賃貸住宅のブランド『RA(アールエー)』の事業説明会を開催した。
戸建て賃貸住宅を普及するため、アパート・マンションなど集合住宅の貸家との区別をより明確にする目的。
『RA』は戸建て賃貸住宅の総称と位置付けている。現在、商標登録出願中で、不動産やハウスメーカーなどの営利企業は同社が定める『RA経営士(初級・中級)』の試験に合格し、登録することで無料でブランドを使用できる。


総称である一方、資格制度を設けることで、『RA』ブランドが付与された賃貸住宅の質を保っていきたい考えだ。

関連記事