法人所有不動産の登記簿取得を代行

登記簿謄本取得代行を行うトーラス(東京都千代田区)は1日から『不動産所有者リストナビ』の機能を拡張し、法人が保有する不動産情報の取得サービスを新たに始めた。企業の保有不動産の情報について、住所や築年数、駅からの距離などで絞り込み、対象となる案件の登記簿謄本取得を代行する。
同社は1月から不動産所有者リストナビの提供を開始し、すでに約100社の利用がある。これまでに蓄積してきた数千万件に及ぶ不動産のビッグデータを活用し、法人の持つ土地、工場、オフィス、社員寮などの情報について希望の条件を入力することで、最短半日で条件に該当する登記簿情報の件数を見積もる。その件数について登記簿取得の実費分と1件200円の代行手数料を支払うと3営業日ほどの期間で依頼主はクラウドシステム上から取得データをダウンロードすることができる。


営業部の蓼沼康之部長は「あるデベロッパーは数人の社員を使い、東京都内の一部エリアの不動産登記簿謄本1000件程度を取得するのに2カ月かかったが、当社のサービスなら3日ほどで完了する。営業人員の業務負担を減らし、働き方改革にも貢献すると考えている」と話した。企業の保有不動産の活用提案に生かし、法人顧客の獲得につなげるサポートをしていく。

関連記事