家賃債務保証データを民泊に活用

家賃債務保証事業を行うエルズサポート(東京都新宿区)は7日、TATERU(タテル:東京都渋谷区)とその子会社で民泊事業を行うTATERU bnb(タテルビーアンドビー:同)との業務協力を発表した。家賃保証のデータをAI(人工知能)が分析し信用度をスコアで示す。
エルズサポートがこれまで家賃債務保証で収集してきたデータ約40万件に匿名化の処理を施し、民泊の運営を行うTATERU bnbのシステムに活用していく。
エルズサポートの情報に加え、宿泊者がソーシャルメディアで出しているプロフィール情報やTATERUの持つ投資家の顧客データを蓄積してAIが学習し分析することで、宿泊利用者の信用を自動で点数化する。


システム名は『bnb SCORE(ビーエヌビースコア)』。現在は点数化するための基となるスコアリングモデルの開発に着手中でまずは自社内で運用していく予定だという。

関連記事