健美家と登録システム連動

兵庫県宅地建物取引業協会(神戸市)は、投資物件ポータルサイトの運営会社、健美家(東京都港区)と提携。2日から兵庫宅建の物件登録システムと連動する。
同会では会員の商圏、商機拡大を目指している。取り組みの一つとして、通常の不動産売買ではなく、収益物件に特化している健美家と提携。現在、4600社の会員のうち、1500社が『宅建クラウド』を利用しているが、さらなる活用の促進を行いたい考えだ。中嶋潤次長は「収益物件のポータルサイトと業界団体の物件登録システムの連携は初だろう。


今後もさまざまな取り組みを行っていく」と話した。健美家の倉内敬一社長は「今回の連動により不動産会社に健美家のサイトを認知してもらえるため、一般ユーザーへの認知も広がる」と期待する。

関連記事