入居時に必要なサービスを一括申込

8万7000戸管理する東急住宅リース(東京都新宿区)は6月21日、同社管理物件の入居者を対象に、新生活のサポートサービスの提供を開始した。引っ越しやインターネット回線調査などのサービスを専用サイトから割引価格で活用できる。
入居者がネットなどで個別にサイトを探して申し込みをしていたのが、1つのサイト上で完結でき、入居時の手間を削減する。これまではコールセンターに電話で申し込みをする必要があったが、24時間ネットで申し込みができるように改良した。
対象サービスは大きく5種類。引っ越しは5社から選ぶことができる。インターネット回線についてはリベロと提携。入居物件のインターネット設備環境を事前に調査したうえで、現在のネット回線の予約が継続できるのか、見直した方が得になるのかを、各社の料金体系や最短の接続日数などについて比較しながら最適なプランを選ぶことができる。


1カ月500円でつけられる見守りサービス、東京パワーサプライの電力契約、不用品回収、インテリアショップとの提携による優待など幅が広いサービスが並ぶ。
入居後も専用サイト上で56件の割引優待サービスを利用可能だ。入居者の賃貸住宅での生活の利便性向上により、管理会社としての差別化を図っていく。

関連記事