物件確認にAI導入

約1万3000戸を管理するGood不動産(福岡市)は6日、不動産会社向けシステム開発のライナフ(東京都千代田区)が提供するAI活用の『スマート物確』を導入した。仲介会社からの問い合わせに電話やLINEで自動応答できる。
Good不動産ではこれまで『仲介会社様専用サイト』で管理物件の空室情報や賃料、入居申し込み状況などがリアルタイムで確認できる環境を構築し、仲介会社との電話やFAXなどのやり取りを効率化してきた。
同サイトと『スマート物確』を連動することで、24時間365日いつでも最新の情報を自動で応答することが可能になった。
仲介会社にとっても、管理会社の営業時間に関係なく、空室状況を確認できるようになる。
電話の場合は音声ガイダンスの後に建物名を声で伝えると、空室の情報を音声案内する。
LINE botの場合は、専用QRコードを読み取り、トーク画面に建物名を入力すると自動で空室情報が返信される仕組み。


また同社は、オーナーへの報告業務でもIT活用を進めている。
『仲介会社様専用サイト』に更新、蓄積されたデータをもとに、空室の広告閲覧数や反響数、内見履歴などの情報を把握、分析。専用アプリでオーナーに、日々の状況を配信している。
牧野修司社長は「仲介会社の負担を軽減することで入居者あっせんをしやすい環境をつくっていきたい。
さらにITやAIの活用を進め、業務効率化することで、管理物件の空室解消や収益性アップなどの企画・提案に注力したい」と語る。

関連記事