学生向け特化で7万戸管理へ

学生マンションの企画・管理を手掛けるジェイ・エス・ビー(京都市)は20日、東京証券取引所の承認を受け東証二部から一部へ指定された。東証二部に上場した2017年7月から1年での市場替えとなった。
20年10月期までの中期経営計画で管理7万戸、年間仲介件数2万5000戸を目指しており、調達した資金は自社物件の開発などに充てていく。現在の管理戸数は6万2183戸。自社所有物件は2023戸で、20年10月期までに2795戸が目標だ。すでに京都市左京区の『高野玉岡町学生会館』や滋賀の『南草津学生マンション』(いずれも仮称)が着工している。
大学や生協と連携し構築してきた運営ノウハウを生かし、食事付きや学生同士のコミュニティーを重視した賃貸住宅で差別化を図っていく。今後の課題としては、留学生の受け入れ拡大と大手デベロッパーとの協業だ。これまで日本人の学生入居者をターゲットとしてきたため、外国人の割合は少ない。家賃や設備など留学生のニーズにあった企画を練っていきたいと考えている。また大手デベロッパーが学生向けマンション開発事業に参入が相次ぐなか、運営を受託するなどビジネスチャンスにつなげたい。


またシステム刷新によって業務効率化にも取り組む。これまで募集用と入居者管理用のシステムが別々だったために生じていた業務上の手間を解消する。
田中剛社長は「さらなる事業の発展と企業価値向上のため東証一部を目指してきたが、早期に実現することができた。まずは中期経営計画で目指している学生マンション事業のいっそうの成長と高齢者住宅事業における成長ドライバー確立に向け、一部上場企業となったことが追い風になればと期待している」と意気込みを語る。

関連記事