保証契約時に新電力プランを提案

家賃債務保証を手掛けるCasa(カーサ東京都新宿区)は6日、東京ガス(東京都港区)と業務提携を締結したことを発表した。今後、Casaの販売協力店である不動産仲介店舗で、保証契約と同時に東京ガスが販売する『ガス・電気セット割』プランを案内していく。


8月中旬より協力店2万店舗の一部で販売を開始。順次取り扱い店舗を増やしていく。Casaは協力店に対し、保証サービスの販売手数料のほか、電力プランの販売手数料の一部を支払う。
不動産会社は入居者に電力切り替えの案内チラシを渡すだけ。入居者はインターネットで申し込む。ガスとのセットで電気料金が割引になるほか、利用料金にあわせて通販サイトなどで使用できるポイントが付与される。水回りや玄関鍵などの生活トラブルに対応する駆けつけサービスも無料で利用できるようになる。
7日には新電力会社・イーレックスとの提携を発表するなど、Casaは入居者メリットのある電力プランをセットで提案することで保証サービスのシェア拡大を図っていく。

関連記事