貸主が直接物件情報を掲載

賃貸不動産サイト運営を行うホライズン(神奈川県横浜市)は5日、貸主が手軽に直接掲載できる賃貸総合サイト『ARU―R(あるあ~る)』を開設した。貸主(オーナー)が直接サイトに物件を登録できる。


サイトはマンスリーマンション、シェアハウス、民泊、一般賃貸の掲載が可能。一般賃貸のオーナーが空室対策としてマンスリーマンション転用への意識づけや、現状の民泊規制(営業日数180日上限)の突破口として、「民泊+マンスリーマンション」の併用スタイルも可能となる。
掲載期間は1、3、6、カ月の各コースがあり、月額料金は掲載1枠あたり500円(税別)。一般賃貸とマンスリーマンションの掲載は1部屋ごとが1枠、シェアハウスと民泊は物件ごとが1枠となる。
マンスリーマンションやシェアハウスについても長期契約ができる。民泊をマンスリーマンションやシェアハウスを併用して事業展開しようと検討するオーナーや、集客がネックとなっている自主管理オーナーなどの利用を見込む。
山口千秋代表は「今まであるようでなかったサイト。登録費用や事務手数料などは一切かからずリーズナブルでシンプルな料金体系も特徴の1つ。反響課金制や契約時後払い制だとサイト規制がかかったり、予想以上に課金されたりすることがあるため月額ワンコイン制を導入した」と話す。

関連記事