• HOME
  • 企業
  • 学研ホールディングス 子会社化で認知症ケア強化

学研ホールディングス 子会社化で認知症ケア強化

学研ホールディングス(以下、学研HD‥東京都品川区)は4日、グループホームなど居住型介護施設の開発・運営・管理を手掛けるメディカル・ケア・サービス(以下、MCS‥さいたま市)を子会社化すると発表した。日本政策投資銀行(東京都千代田区)との共同投資で、MCSの発行済み全株式のうち学研HDが61・8%、日本政策投資銀行が38・2%を、MCSの親会社である三光ソフランホールディングス(東京都中央区)から取得する。
子会社化の目的は、グループ会社の学研ココファン(東京都品川区)が運営するサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)事業の強化だ。
『ココファン』のブランド名で展開するサ高住は「認知症高齢者への対応の弱さが弱点」(学研HDの宮原博昭社長)だったことから、重度の認知症高齢者ケアに特化したMCSのグループホーム『愛の家』の運営事業と連携。サ高住の入居者をグループホームで受け入れる相互補完体制を整える。認知症予防の研究のため、大学などと連携したシンクタンクも創設する方針だ。ブランド名に関しては全国的に定着しているとして、統一した新名称を冠することは当面しないという。


今回の子会社化においては、日本政策投資銀行が約4割を出資。学研HDとは2018年3月に業務資本提携を結んでおり、学研HDとMCSの高齢者居住支援事業が認知症ケアの有効な取り組みとなることから支援を決めた。
学研HDの宮原博昭社長は「教育と医療福祉を事業の両輪としてきたが、高齢化社会の進展に伴い、医療福祉のウェートを高めていく。居住型介護施設の分野で業界1位、アジアを中心に海外ナンバーワンを目指す」と語った。また、MCSの山本教雄社長は「今後も中間所得者層をターゲットにサ高住と連携したグループホーム事業の強化を図る」と述べた。
学研ココファンはサ高住『ココファン』シリーズの開発・運営・管理を主力事業とし、業界2位の5412室を展開。MCSの認知症グループホーム『愛の家』は居室数が全国5156室と業界トップ規模を誇る。両社の居住型介護施設の総居室数は1万1883室で業界4位となる。

関連記事