賃貸経営のノウハウを全国に提供

「大家さん専門税理士」として事業展開する渡邊浩滋総合事務所(東京都千代田区)はフランチャイズ(以下、FC)ネットワーク『Knees(ニーズ)』を始める。賃貸住宅経営に悩む地方の家主の助けになればと、この分野で3000件の実績を持つ渡邊浩滋税理士のノウハウを全国の税理士に提供する。
FC化にあたっては、1回4時間の研修を4回、計16時間の研修を実施。確定申告、譲渡・売却、法人化、キャッシュフロー、事業継承などの講義を予定する。
今回FC展開を始めた理由について「地方の方がより喫緊の課題が多く、講演終了後に『相談したい』と言われることがよくあります。地方にも専門の税理士がいれば家主さんも助かるだろうと思い、FC形式で業務提携することにしました」と渡邊税理士は話す。


『Knees』という名前は、英語の「膝」に由来し、膝頭を突き合わせ大家さんと向き合う、という意味を込めている。ロゴにも両者が膝を突き合わせたデザインを採用した。
そのためFC加盟の税理士については経歴以上に金もうけのためにただノウハウを学ぶのでなく、大家さんの味方になれる人柄や意欲を重視していきたいと渡邊税理士は語る。
実施に際し、東京都国立市と宮城県仙台市の税理士と業務提携し、ウェブサイトで家主の知恵袋となる3人の連載コラムもスタートさせる。「数字を用いて先の見通しをアドバイスします。地方の大家さんの相談に対応するネットワークを今後も広げていきたいですね」(渡邊税理士)
今後、業務提携希望者に対しては随時研修を行う予定。人物重視のため、急拡大はせず志のある税理士と緩やかに輪を広げていきたいと語る。

関連記事