最先端賃貸物件サイトを運営開始

管理業務支援システムなど不動産テック関連事業を展開するZWEISPACE JAPAN(ツバイスペースジャパン:東京都千代田区)は3日、ブロックチェーン技術に対応した賃貸物件サイト『不動産屋.co.jp』の運営を開始し、情報掲載登録を受け付けている。
不動産屋.co.jp』は、同社が2018年8月に設立した新会社、不動産屋名鑑(同)が運営する、不動産仲介業者を支援するサイト。


業者登録と物件掲載は無料で、入会金、初期手数料、月額料金も不要。登録業者はAI(人工知能)による賃料査定など各種のアプリケーションサービスを受けられる。また、掲載物件については、ブロックチェーンへの不動産登記サービスや不動産管理サービスなどが提供される。
ZWEISPACE JAPANでは「当社の負担はサーバー代程度。登録・掲載利用料を無料にしたのは、まずは多くの人たちにこのサービスを使ってもらうため。今後規模が拡大すれば広告協賛などで十分収益は賄える」とし、「今後も最先端の技術で不動産業界を革新的により良くしたい。志を持って進めていく」としている。

関連記事