SATASに社名変更

不動産小口化商品を企画するサタスインテグレイト(東京都中央区)は12日、SATAS(サタス)に社名変更した。真家仁史氏が新社長に就任し、社長を務めていた佐藤一雄氏は退任、顧問に就任した。
サタスインテグレイトは、1999年に佐藤氏らが設立。2008年から、不動産特定共同事業法(以下、不特法)に基づく小口化商品『ゆうゆう倶楽部』の提供を開始した。一口100万円、最低300万円を出資し、運用益が投資家に分配されるという商品。同社は、不特法関係のコンサルティングも行い、上場企業など中心に3年間で16社の不特法の許認可取得を支援してきた。


真家社長は「3つの事業軸である『売買仲介事業』『買取再販事業』『不動産特定共同事業』をさらに推進したい。特に不動産特定共同事業では不動産クラウドファンディング商品の提供を準備している。出資者の資金を街の活性化に寄与できる事業に投資し、社会貢献性の高いビジネスを目指す」と語った。

関連記事