ユーミーHDの仲介店を荷物預かり所に

荷物預かり所のシェアサービスを手掛けるecbo(エクボ:東京都渋谷区)は1日、神奈川県の不動産会社、ユーミーホールディングス(神奈川県藤沢市)が同シェアサービスを正式導入したことを発表した。ユーミーHDは湘南地区を中心に21の店舗網を抱える。賃貸仲介会社が導入を決めた例は、8月のAPAMAN(東京都港区)の87店舗に続いて2社目となった。
エクボのシェアサービス『ecbocloak(エクボクローク)』は、荷物を預けたい旅行者と、空きスペースがある店舗のマッチングを促すもの。キャリーケースといった大きい手荷物を抱える訪日外国人が利用者の7割。荷物を預かった店舗側は利用者から収入を得られる。収入の約50%を仲介手数料としてエクボに支払う仕組み。現在、全国主要都市の約1000店が参画している。


今回新たに導入が決まったのは、ユーミーHDの「ユーミーらいふ」17店、アパマンFC加盟店が4店、計21店舗。
参画理由について、ユーミーの担当者は「ベビーカーや買い物の荷物の預かりを通じて、より多くの地域住民と接点を持ちたい」と集客につなげたい考えを示した。また、観光客にブランド認知が広がることにも期待を寄せている。
エクボは賃貸仲介ショップの店舗網を有力インフラと見込んでおり、多くの会社に導入を促したい考え。目標店舗数は年度末までに1万店。

関連記事