23日マザーズ上場

収益不動産を扱うリーガル不動産(大阪市)が23日に東京証券取引所マザーズに上場する。
同社は2000年9月に設立。不動産ソリューション事業、不動産賃貸事業、その他事業として不動産コンサルティング事業と介護事業を行っている。低層賃貸マンションシリーズ『LEGALAND(リーガランド)』の企画開発や、中古物件のリノベーションなどを手掛ける。19年7月期は売上高252億5300万円の前期比31・0%増、経常利益9億4300万円の同9・5%増の増収増益見込み。


上場により信用力の向上を見込む。広報担当者は、「知名度が上がることで優秀な人材の確保や、各事業でのプラスの効果がある。財務環境的にも、物件仕入れのための資金調達がしやすくなる」としている。

関連記事