最適なローン選択を支援

不動産情報サイトなどを運営するマイナビ(東京都千代田区)は12日から、オーナー向けサイト『賃貸経営・部屋を貸す』で、投資ローン借り換えシミュレーターの提供を開始した。
同社は不動産投資ローンコンサルティングを手掛けるMFS(東京都千代田区)と提携。従来の管理会社とのマッチングに加え、最適なローン選択のための情報を拡充する。


シミュレーターでは、保有している不動産投資ローンの残高、金利、残期間、年齢を入力すると、借り換えた場合の総返済額と月々の返済額の削減メリット額をすぐに確認できる。実際に借り換える場合は、シミュレーション結果のページから、MFSが運営する不動産投資ローン借り換え代行サービス『モゲチェック・プラザfor不動産投資ローン』に借り換え手続きを申し込むことが可能。金融機関出身の不動産投資ローンコンサルタントが必要書類の準備や銀行への連絡などすべて代行する。申し込みや手続きはすべて電話とオンライン上で行い、来店不要の非対面型の借り換えサービスとなっている。
住まい事業情報部の金澤大事業部長は「今回の連携を通じて不動産オーナーに正しいローン情報を提供し、資産価値の適正化を進め、不動産流通の活性化に努める」としている。

関連記事