東京建物スペースシェア参入

東京建物(東京都中央区)は16日、スペースマーケット(東京都新宿区)とスペースシェアリング事業で資本業務提携すると発表した。
空きスペースの時間貸しプラットフォーム『スペースマーケット』を通じて東京建物が管理・所有する賃貸不動産や商業施設の空間活用を進めるとともに、スペースシェアを前提とした新規の不動産開発で協業する。
スペースシェアリングは遊休不動産活用の促進策、不動産市場での新たな収益源となっている。
スペースマーケットは2014年にサービスを提供開始し、現在の掲載スペースは国内最大の1万件超を取り扱う。さらに同社は「既存の不動産活用だけでなく、新規開発する不動産でもシェアを前提に設計することが当たり前になる」(担当者)とする。


東京建物にはシェアリングエコノミーが広がる中で、「デベロッパーとしてもスペースシェアを前提とした不動産開発を進めたい」(広報担当者)との意向があり、スペースシェア事業で先駆的なスペースマーケットとの資本業務提携が実現した。
新しいビジネスモデルの創出を狙うスタートアップ企業に、東京建物が直接出資を行うのは初めてで、出資だけでなく、業務提携により長期持続的な事業を目指すという。
同社は4月にスタートアップ支援を行うXTech(クロステック‥東京都中央区)の西條晋一社長と、本社ビルのスタートアップ支援施設『xBridge–Tokyo(クロスブリッジトウキョウ)』を開設。
成功体験を持つ起業家の知識やノウハウを生かして新規事業の創出、成長支援に取り組んでいる。

関連記事