金融事業のグループ会社設立

中古マンションの販売を行うGAtechnologies(ジーエーテクノロジーズ:東京都渋谷区)はフィンテック事業を推進していく。
19日にはグループ会社のRenosy Finance(リノシーファイナンス:同)を設立した。資本金は5000万円。
インターネット上で少額の不動産投資を行う不動産クラウドファンディング(不動産CF)事業や貸金業を担当する。
同社は5月に小規模不動産特定共同事業者の登録を完了し、都心部の中古マンションを組み込んだ小口化商品の組成を進めてきた。
今回の新会社により、不動産CFの中でも、不動産プロジェクトに貸し付ける資金を投資家から募り、その返済金利を分配する貸し付け型の事業が可能になる。
提供する投資案件の幅が広がる。


金融機関向けの住宅ローンプラットフォームの構築を進めるなど、ネット上での金融サービスを開発し、ユーザーの利便性を向上していく。
15日には、元金融庁長官の五味廣文氏が同社の顧問に就任したことも公表。
金融庁の発足を主導し、2004年から3年間長官を務めた人物。金融行政の第一人者の参画により、フィンテックサービス拡大を後押しする。

関連記事