配色による空間づくり学ぶ

北澤商事(東京都足立区)の北澤艶子会長が塾長を務める「不動産女性塾」は20日、13回目のセミナーを開催した。
『カラーの知識を不動産業に生かす~快適色で癒される空間づくりを~』と題し、カラー集団トータリア(東京都港区)の門田眞乍子社長が講演した。
「ウォームカラーやクールカラーなどの色みは入居者の心理に影響を与える。光の当たり具合で変化する家具の風合いなどは部屋作りで重要なポイントとなる」と語った門田社長。色彩表や色みの違う生地を用いて印象の与え方が変わることを解説した。

こちらは無料会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事