団地の駐車場を時間貸し

大阪府住宅供給公社(大阪市)は16日、駐車場予約アプリを提供するakippa(アキッパ‥大阪市)、駐車場運営のタイムズ24(東京都千代田区)の2社と連携することを発表した。
大阪府住宅供給公社は2016年9月より、団地内の空き区画を利用した予約型駐車場サービスを開始。通年で予約型駐車場サービスを提供している業者を公募式で集めた。18年9月末時点で大阪市をはじめ堺市、池田市、泉大津市などの85団地、約2800区画に導入している。
17日よりakippaもしくはタイムズ24の予約サイトを通じて、駐車場の利用日時を指定できるようになった。
akippaの場合、15分30円から利用可能。タイムズ24は1時間単位で利用でき、どちらも1日300円(税込み)。

こちらは無料会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事