接客コンテスト開催

不動産フランチャイズを展開するピタットハウスネットワーク(東京都中央区)は11月28日、接客コンテストの全国大会を開催した。同コンテストは接客スキルを加盟店同士で共有し高め合うことを目的に行われ、今年で17回目を迎えた。
全国7エリアで行った予選大会の出場者数は初めて1000人を突破。予選を勝ち抜いた44人が全国大会に進んだ。賃貸部門と売買部門に分けてロールプレイを実施し、接客技術を競い合った。
賃貸部門で金賞に輝いたのは熊本賃貸サポート(熊本市)の東千紘さん。


審査員は、来店客の気持ちに寄り添う姿勢や引っ越し後の生活に対する提案の多さを評価した。東さんは「営業の経験は3年目。クロージングが苦手で、会社の先輩方にたくさん指導を受けてきた。
1人でも多くのお客様に満足してもらえる接客をしたい」と話した。
ピタットハウスネットワークの花澤徹取締役は「コンテストの開催によって人材育成や顧客の満足度向上を図れ、店舗やピタットハウスの繁栄につながる」と、継続することの意義を語った。

関連記事