初めての部屋探しをサポート

不動産情報サービスを手掛けるアットホーム(東京都大田区)は3日、学生向けの賃貸情報スマートフォンアプリ『学生のためのお部屋探し』をリリースした
2019年春から大学、短大、専門学校に進学し、初めて一人暮らしをする人の部屋探しをサポートする。
細かな条件設定をしなくても、学校名と6つの質問への回答、交通手段を入力するだけで、条件に合う物件を確認できる。
新アプリには「お部屋探しプランアドバイス機能」を搭載。「セキュリティを重視するか」「自炊するか」「部屋の広さ」「バス・トイレ別」「防音性を気にするか」のほか、室内洗濯機置き場や収納スペース、フローリング、洗面所独立、コンビニからの近さ、インターネット無料のうち、こだわるポイントといった6つの質問に回答。これに基づいてお勧めのプランを自動設定する。


エリアや設備などの条件を自分で入力して物件を絞り込んでいく従来の探し方とは違い、引っ越し先の土地勘がない人や、ひとり暮らしのイメージがわかない人も、簡単に理想の部屋にたどり着くことができる。
新生活までの限られた期間でのスムーズな部屋探しをサポートし、加盟店や利用不動産店への来店促進を図る。

関連記事