少短保険会社設立

東急不動産(東京都港区)は7日、東急少額短期保険(東京都渋谷区)の設立を発表した。
東急不動産の100%子会社で、営業開始は3日から。同社によると、大手デベロッパーが保険業界に参入するのは初だという。
少額短期保険事業とは、一定の事業規模の範囲内で保険金額が少額かつ保険期間が1~2年以内の保障性商品の引き受けのみ行う事業のこと。


同社はグループで不動産開発・管理、ホテルやスキー場、ゴルフ場などのリゾート施設運営、企業の福利厚生などの事業を行う。
幅広い顧客接点と同社のブランド力を生かせると考え、保険業界への参入を決めた。
今後は賃貸マンション向けの家財保険や健康やスポーツに関わるオリジナル保険商品の企画なども視野に入れる。

関連記事