【九州】猫共生マンションを新築

三好不動産(福岡市)は2019年春、猫共生賃貸マンションを竣工する。
これまで空室対策として差別化を図るために改修事業で猫共生物件を供給してきた。新築では初のプロジェクトとなる。
プロデュースした作詞家、歌手でタレントの依布サラサさんは「福岡でも猫の飼育数は増加傾向にあり、猫向けのマンションの需要は高い」と語る。


場所は福岡市早良区で、完成は同年2月末を予定。RC造6階建ての全20戸、間取りは1Kのみ。共用部にはグルーミングスペース、ペットボタン付きエレベーター、ペット用ごみ置き場などを備える。専有部には、猫用の小さなドア、天づりキャットステップ、キャットウオーク、見守りカメラなどを設ける。

関連記事