• HOME
  • 企業
  • 賃貸住宅をホテルに用途変更し稼働9割超

賃貸住宅をホテルに用途変更し稼働9割超

リノベーションを行うインテリックス(東京都渋谷区)が運用する『montanHAKATA(モンタンハカタ)』がオープンから1年で9割超の高稼働だ。
同物件は、築30年超えの賃貸マンションの一部をホテルに用途変更したもの。
JR「博多」駅から徒歩8分の場所に立つ築古の賃貸住宅94戸のうち、73室をホテルとして運用している。
2段ベッドのドミトリーから、プレミアム和室まで、多様なタイプの客室を設計した。
宿泊料金は1人当たり3000~4000円程度。
2017年10月から宿泊事業を開始。1年たち、稼働率は9月から9割を超えてきた。
市内の中心部にありながら、宿泊費がリーズナブルなため、口コミで評判が広がり、海外からの宿泊客が54%を占める。
同物件は、10月から不動産特定共同事業法のうち任意組合契約に基づき、小口化して投資家から出資を募る。


年に2回、運用で上がった利益を投資家に分配する。同社の小口化商品としては6件目となるが、最低出資金額を500万円から100万円に引き下げたことで、若い層の投資家獲得につながっている。分配利回りが約4・2%と同社のこれまでの案件よりも利回りが高めであることもあり、問い合わせも増えている。
俊成誠司執行役員は「アパート融資が厳しくなっており、1棟の現物投資から投資家が流れてきている」と話した。
不動産の小口化事業は参入企業が増えてきている。投資家に物件の良さを実感してもらえるよう、物件の見学ツアーなども企画していく。
10月28日には、『montanHAKATA』の1周年記念パーティーを開催し、地域住民、宿泊者、入居者ら100人超が参加した。
同物件の1階はラウンジになっており地域住民にも無料で開放。多様な人々が交わるコミュニティー拠点になることを目指して設計した。
イベント当日は、ラウンジに飲み物やおすしなどを用意し、自由参加で立食パーティー形式をとった。
同社の野尻裕介氏は「プログラムは開会と閉会のあいさつだけであとは気ままに過ごしてもらった。宿泊者の方が町内会長と雑談していたり、くつろいでいる様子だった」と振り返った。

関連記事