社員が会社への想い発表

外国人向け家賃債務保証サービスや生活支援サービスを行うグローバルトラストネットワークス(以下、GTN・東京都豊島区)は、12月19日に社員総会GTNフェス2018をホテル椿山荘東京で開催した。今年で6回目となる。
当日は社員・アルバイト164人、ゲスト36人が参加。外国人スタッフが7割を占める同社だけに国際色豊かなイベントとなった。
会冒頭に同社後藤裕幸社長が1年間総括として今後のビジョンについて発表。


海外の新拠点構想や本社拡充などを話すと社員たちから歓声の声が上がった。
その後、社員による楽器演奏、2018年の新入社員30人紹介、社員5人によるスピーチコンテスト、GTN総選挙と称した社内で評価された社員・アルバイトが選ばれるイベント、ダンス披露からチーム対抗ゲーム大会、3組の社員同士の結婚発表、大抽選会まで盛りだくさんの4時間だった。

関連記事