貸倒引当金を増額

家賃債務保証のジェイリース(大分市)は12月21日、延期していた2019年3月期第2四半期決算発表を行った。
当初、11月22日に発表を予定していたが、営業拡大に伴う代位弁済立替金残高の増加により、監査法人から貸倒引当金の十分性に関する指摘を受けたため延期していた。
貸倒引当金の算定方法を変更し、過年度の決算についても訂正を行ったことを発表した。
従来は債権の発生期間別で貸倒引当金を算出していたが、変更後は債務者別で区分し、過去の貸倒実績を用いて回収不能見込み額を算定する。
これにより、貸倒引当金は従来の3億1300万円から10億8800万円に、引当率は8%から27・6%に増えた。19年3月期の見通しでは代位弁済残高48億円、貸倒引当金として13億6000万円を見込む。
代位弁済立替金の回収強化や増加抑制への取り組みとして、昨年6月には立替から3カ月以上の債権を専属する部署を新設。
今後も営業拡大に伴い代位弁済残高の増加が予想されるなか、回収推進による引当率の圧縮を目指す。


業績は、売上高28億5400万円(前年同期比21・9%増)と過去最高を更新。都市部をはじめ、前期に新規出店した札幌、岡山支店も売り上げ増に寄与した。
一方、営業利益は5500万円(同17・6%減)、純利益は2000万円(同20・9%減)となり当初の計画を大きく下回った。
中島拓社長は「営業方針は変更しない。引き続き審査・与信の厳格化、人員増、債権回収力の強化を図り、利益率の向上に努める」とコメント。
2019年3月期は売上高61億1000万円、営業利益2億2000万円と予想している。

関連記事