和柄を使った生活雑貨発売

リノベーションや内装デザインを行う夏水組(東京都杉並区)は、生活雑貨を新発売した。
商品は同社オリジナルのふすま紙や伝統技法の注染で染め上げた和柄のクッションなどの生活雑貨4種類と、和紙で作った名刺入れやブックカバーといった文具3種類。


18~22日までフランスのパリで開催しているインテリアとデザインの関連見本市メゾン・エ・オブジェ・パリの出展に合わせて作成した。
同社の坂田夏水社長は「昨年の出展ではふすま紙の商品が好評で、海外取引が増えた。
より生活に溶け込む商品展開で、もっと身近に日本の伝統を感じてもらえると考えている」と話した。

関連記事