求められるまちづくり学ぶ

北澤商事(東京都足立区)の北澤艶子会長が塾長を務める「不動産女性塾」は1月30日、14回目となるセミナーを都内で開催した。
新年会と一般社団法人設立記念ということもあり、105人が参加。
冒頭、あいさつに立った北澤会長は「団体の設立から3年を迎え、法人化した。


人生100年時代といわれて久しいが、自分もあと四半世紀頑張りたいと思っている」と意欲を見せた。
内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局の伊藤明子地方創生総括官補が『まちは不動産女性がつくる・選ぶ・育てる』と題したセミナーを行った。
人口の減少や大都市への集中、空き家問題や多様な働き方などさまざまな変化に対応できるまちづくりが求められていると説いた。
デザイナーのコシノジュンコ氏によるセミナー『女性の感性を活かす生き方、働き方』も行われた。

関連記事