レオパレス21 1万4443人退去要請

アパート建築大手のレオパレス21(東京都中野区)が7日、新たに1324棟のアパートで壁や天井などに施工不備が見つかったと発表した。
天井部の耐火性能が欠損し危険性が高い物件から優先的に、入居中の1万4443人に住み替えを促していく。拡大する同社の施工不備物件に家主の不安が広がっている。
「レオパレスは賃料を払い続けると主張しているが、かつてのように強引な値下げ交渉をされないか心配だ」と同社施工物件を所有する家主は不安を隠せない状況だ。
東京都内に同社サブリース物件所有するオーナーは、18年5月に界壁で不備が見つかった。一部の入居者に退去してもらい改修工事を始めたばかり。
その工事中に、新たに外壁でも設計図書と異なる施工がされていたことが発覚した。同オーナーは数年前、強引なサブリース家賃の値下げをされている。
すでにサブリース契約を解消し自主管理している中国地方のオーナーは、18年12月に物件調査を受け、界壁に隙間があることが分かった。
「問題はないと言われたが、改修が必要か回答はまだない。入居者からも安全なのか問い合わせがきている」と現状を説明する。
レオパレス広報によると、すでに多くの借主や入居者から問い合わせを受けているという。
同社は18年4月に同社施工物件の界壁において建築基準法違反が発覚した。レオパレスの借主は6割が法人だ。
2度にわたる大規模な施工不備発覚によって法人借主が退去し、新たな入居先に同社施工物件を避ける可能性は少なくない。


今回確認された施工不備は1996~2001年に着工したアパートだ。18年4月に界壁施工不備が見つかり、全棟調査を進める中で明らかになった。
優先調査対象だった『ゴールドレジデンス(以下、GR)』と『ニューゴールドレジデンス(以下、NGR)』、優先調査物件外の『ヴィラアルタ(AGR)』の計1324棟だ。
不備の内容は3つ。天井部の施工不備、界壁内部充填材の相違、そして外壁構成における不適合だ。
もっとも深刻なのは天井部の施工不備で、『GR』で見つかった。設計図書に記載されていたのは部材を組み合わせて2枚張りした仕様だった。
しかし、実際には1枚張りや2枚張りであっても定められた部材でないなどの不備があった。
建築基準法で定められている耐火性能を満たしておらず危険性が高いため、同社では対象物件の入居者7711人に急ぎ転居を案内している。
同社広報は「入居者の要望に沿えるよう自社管理物件に限らず、他社管理物件も案内する」と話す。
界壁内部充填材の相違については『GR』と『NGR』で見つかった。
設計図書上では断熱材にグラスウールが施工されるものと記載しているが、実際には発砲ウレタンが施工されていた。
外壁構成における不適合は『GR』『NGR』『AGR』で確認された。外壁は準耐火構造か防火構造が求められているが、設計図書に記載された仕様ではなく、別のパネルを用いた施工がされていた。
界壁と外構の不備が見つかった物件に関しても、改修施工法を協議した上で転居を促していく。
今回発覚した施工不備で退去が求められる入居者の総数は1万4443人に上るという。
同社は入居者の住み替え費用を負担する。
サブリース賃料に加え管理が外れている施工物件に関しても募集を中断する期間の家賃を補償する。
今回、施工不備が見つかった物件については都道府県別の棟数が同社ホームページで開示されている。
茨城、埼玉、千葉、神奈川、静岡などが多かった。同エリアではレオパレス物件からの転居需要があると考えられる。

関連記事