イタンジとダンゴネットが提携

不動産業界向けITサービスを提供するイタンジ(東京都港区)は2月25日、不動産賃貸管理ソフトを展開するダンゴネット(東京都国分寺市)と業務提携。
イタンジが提供する賃貸住宅の入居申し込みにおける電子受け付けシステム『申込受付くん』と、ダンゴネットが提供する不動産賃貸管理の基幹業務システム『賃貸名人』の連携を開始した。
『申込受付くん』は、入居申込書のウェブ受け付けシステム。
顧客が必要情報を入力すると、仲介会社、管理会社、保証会社に情報が共有される。
『賃貸名人』は、管理会社、仲介会社、オーナーが利用する賃貸管理業務システムになる。


この2つのシステムが連携することにより、賃貸物件情報と入居者の申し込み情報が連動されることになる。
イタンジの野口真平社長は「このシステム連携により、電子化された申込書の情報が即座に物件情報に結び付き、管理会社は基幹システムに申し込み情報を打ち込む手間などが省ける」と作業の効率化と時短を可能にするシステム連携であることを強調した。
顧客にとっても、申請書や賃貸契約書類、保証会社に提出する書類など複数の書類に共通する情報を何度も記入する手間が削減される。
『賃貸名人』は5000社以上が導入しているシステム。
イタンジとしては、今回の連携により『申込受付くん』の導入企業を増やしていきたい考えだ。

関連記事