企業研究vol.007 樋口 次郎 社長

大阪北摂、阪神間を中心に6800戸管理するアパルトマンエージェント。
法人仲介、管理をメーンに手掛けており、大阪市内ではマンスリーマンションを運営している。
設立当初から新入社員を雇い、「人つくり、組織つくり、顧客つくり」をビジョンに掲げている。
4月1日からは売買専門の店舗を開設する。
今後の展開について樋口社長に話を聞いた。

エンド向けの店舗開設

――大学卒業後、同社に入社したそうですね。
大学在籍中に宅地建物取引主任者(現:取引士)を取得し、生かせる職場で働きたいと思いました。
大学は福井でしたが、地元の大阪で就職活動をし、アパルトマンに新卒1期生として入社しました。
法人仲介、管理、オーナーの物件売却、マンスリー事業部の立ち上げなど行ってきました。
そして2012年、アパルトマンエージェントを立ち上げました。

――毎年、新卒を採用して、社風づくりを大事にしていると聞きました。
28歳のとき、社会保険労務士を取得して労働環境を改善したいと思いました。
12年、当社を設立して代表となってから、「人つくり、組織つくり、顧客つくり」をビジョンに、仲間と感謝があふれる企業風土を創ること。
また、いきいきと働くことができる労働環境を創ること。
そして個々の営業力と知識力を強化することを方針にしています。
そのため、宅建士の保有率を22年には「100%にする」ことを目標に掲げ、アメリカの不動産管理資格CPMの取得も進めています。

――現在、何戸ほど管理していますか。
現在6800戸ほど管理し、毎年1000戸増加させてきました。
そのうち600戸ほどは大阪市内でのマンスリーマンションの運営です。
管理物件は吹田市や、高槻市、摂津市など北摂エリアと尼崎市や西宮市の阪神間が中心です。
ほとんどが法人客でエリアによりますが単身、ファミリー層さまざまです。
加えて顧客の転勤にも対応できるよう、東京には支社を、名古屋には支店を設けています。

オーナーセミナー_hosei.jpg
オーナー向けに行ったセミナー

こちらは無料会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事