OYO、都内で1008室運営開始

インドのホテル運営会社OYO(オヨ)がヤフー(東京都千代田区)と設立した合弁会社OYOTECHNOLOGY&HOSPITALITYJAPAN(オヨテクノロジー&ホスピタリティジャパン‥同)は3月28日、日本での賃貸住宅事業についてサービス概要を発表した。
リーシングにおいて、他社の不動産仲介会社と提携を進めていく方針を明らかにした。
同社は、都内の物件を家主から借り上げ、家具家電や生活雑貨を設置しガスや電気などの生活インフラを整備した状態で、短期貸しする賃貸住宅『OYOLIFE』の提供を始めた。
同日ウェブサイトやアプリをリリースし、オンライン上で部屋探しや入居予約、クレジットカード決済ができる仕組みを構築した。
28日時点の借り上げ物件数は約1008室で、うち470室は入居者が決まっている。


入居募集で他社仲介店舗との協力体制を構築する。
『OYOパートナーズ不動産』という名称で、加盟料などの費用負担はない。
来店した顧客にOYOを紹介する。
顧客が契約すると、入居期間中毎月4000円のインセンティブが加盟店に支払われる仕組みだ。
勝瀬博則CEOは「今後、全国に物件を増やしていく考えだ」と語った。

関連記事