いえらぶ・愛媛宅建流通機構と提携

不動産業界に特化したクラウドサービスを提供する、いえらぶ(東京都新宿区)は愛媛宅建流通機構(愛媛県松山市)と提携、同社の不動産業務支援システム『たっけんクラウド』を1日より提供した。
『たっけんクラウド』は不動産業務の総合パッケージシステム。
同システムに物件情報を入力すると『レインズ』『ハトマークサイト全国版』などの不動産情報サイトに情報を発信でき、複数サイトへの入力の手間が省けるのが特徴。
オプションで『スーモ』や『アットホーム』といったポータルサイトにも連動が可能。
間取りやチラシの作成、顧客管理が同システム上でできる点もポイント。
顧客管理では不動産ポータルサイトの問い合わせフォーム上に入力された氏名や連絡先などがシステムへ自動的に反映される。
追客も自動ででき問い合わせ物件に応じたおすすめ物件をマッチングし、メールが送られる仕組み。


マッチングメールには力を入れ、2~3年の時間をかけて精度を向上してきた。
同クラウドの使用料は会員が無料となっている。
オプションを使用する場合は別途費用が必要。
現在は同様なシステムを兵庫県宅地建物取引業会や埼玉宅地建物取引業協会などでも提供している。
延べ利用者は約1万2000社。
同社は同機構の会員についても年内には1000社を超える会員のうち、1割に当たる100社などの利用を目標としている。
同社の担当者は「不動産情報を扱う業務全般をカバーできるようなシステムを目指している。
不動産業界の業務効率化につながれば」としている。

関連記事