自転車愛好家向け物件竣工

 マンション開発を手掛ける長谷工不動産(東京都港区)は3月26日、自転車愛好家向け賃貸物件『LUBRICANT(ルブリカント)アラカワベース』の竣工を発表した。
 東京メトロ東西線「南砂町」駅から徒歩14分に立つRC造11階建ての全38戸。2016年に同社が土地を購入。荒川近郊で自転車に適した道であることから、自転車愛好家をターゲットに置いたコンセプトで差別化を図った。
 物件の特徴は、1階に約40m2のメンテナンススペースを設置している点だ。自転車工具メーカーの50種類のパーツをそろえており、入居者は利用可能。入居者や周辺住民のサイクリストに向けたイベントや自転車メーカーの展示会の開催を検討している。2階には入居者専用の共用部、屋外には洗車スペースを設置している。また、近隣のサイクルショップと提携し、週に1回自転車のメンテナンスなどをレクチャーする講習会を開く。


 室内の間取りは25m2のワンルーム。壁面には自転車2台がかけられるサイクルタワーを取り付けている。賃料は周辺相場よりも1割ほど高い10万1500〜10万9500円。管理費は1万5000円だ。
 同社では今後も楽器演奏を行う入居者のための防音マンションなどコンセプトを絞った物件を提供していく。

関連記事