神奈川県藤沢市と協定締結

 駐輪場シェアサービス『みんちゅうSHARE‐LIN(シェアリン)』を運営するアイキューソフィア(東京都新宿区)は、4月から神奈川県藤沢市と協定を締結し放置自転車の減少や、短時間駐輪の利便性向上に向けた取り組みを開始する。
 藤沢市は市民からの要望であった駐輪場不足解消に取り組んでいたが、駐輪場を増設できるだけの土地がなく解決法を模索していたという。3月28日に藤沢市役所で行われた協定締結式で鈴木恒夫市長は「放置自転車や不正駐輪の減少につながることを期待する」と話した。市民や商業施設などに呼びかけ、藤沢駅北側・南側にそれぞれ100台の駐輪場設置を目指す。


 同社はこれまでにも神奈川県大和市、東京都台東区と協定を締結しており、深刻化する不正駐輪や放置自転車対策に一役買ってきた。中野里美社長は「全国の自治体や公共機関と手を組み不正駐輪や放置自転車のない美しい街づくりに協力したい」と話す。
 『みんちゅうSHARE‐LIN』は、変形地や狭小地、民家やテナントのデッドスペースなど、自転車1台が駐輪できる空き地や空きスペースがあれば、駐輪場として貸し出せる。専用機器を設置する必要がないため、初期費用・月額固定費などのコストは不要だ。ユーザーが支払った利用料から手数料35%を引かれた金額が入金される。
 現在、全国400カ所に2000台の駐輪場が登録されている。

関連記事