『シェア賃貸』事業を強化 管理物件内で自由に転居

 賃貸管理を行う西田コーポレーション(神奈川県厚木市)は8日、初期費用無料で管理物件内に住み替えられる『シェア賃貸』事業を強化していくことを本紙の取材で明らかにした。
 神奈川県厚木エリアを中心に60戸を学生や単身の社会人向けに『シェア賃貸』として展開。サービス内容は、対象物件であれば入居費用や退去費用、更新料なしの家賃のみで、入居ができるというもの。


 メーンは1Kタイプになるが、2DKなどのファミリー向けでもスタートした。2月から始動し、対象物件の入居率は8日時点で97%。年内には倍の140戸、うちファミリー向けは35戸まで増やしていくという。
 学生など、初めて1人暮らしをする顧客に対しては、電子レンジ、冷蔵庫、洗濯機の家電付きプランも提供しており、今後は家具付き物件の展開も視野に入れている。
 実際に住んでみて気に入らなかったら1日でほかの『シェア賃貸』対象住居に転居することも可能。その際、違約金は発生しないが、都度契約する必要はある。
 物件は同社がサブリースを行う。空室を抱えるオーナーに対して提案していく。
 賃貸営業部の筒井明義部長は「学生時代は学校の近く、社会人になったら駅近に、結婚したらファミリータイプといったライフプランに合わせた物件紹介が可能になる」と話す。同サービスにより、同社は管理物件のリピート率向上を目指す。

関連記事