家賃債務保証トラブル防止目指す

 公益財団法人日本賃貸住宅管理協会(以下、日管協:東京都千代田区)の家賃債務保証事業者協議会は、家賃債務保証会社の保証委託契約に関する重要事項説明書のひな型を作成した。記入例と解説も併せて作成し、7日に公表した。
 今回作成したひな形は家賃債務保証業者登録規定17条にある「契約締結前の書面交付及び説明」の内容に準拠。さらに「連帯保証人の有無」「重要事項説明者」「説明を受けた者の記名押印」を確認できるように項目を加えて作成した。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事