ポップな花柄と海色の壁で帰国子女が入居

15.7㎡の狭小でシンプルな真っ白い壁の部屋が、ポップな花柄と爽やかな青い壁に一新した。
さらに自分好みにカスタマイズできるDIY賃貸でもあることから、募集後すぐに帰国子女の入居が決まった。
東急田園都市線三軒茶屋駅から徒歩9分の同物件は、若者に人気があるエリアに立地していることから、若い女性に好まれる部屋をイメージ。
            before
和光建物01.jpg
1面の壁をキュートな花柄の壁紙に張り替え、1面の壁を青く塗装、シューズボックスにはカラフルなタイルシールを貼り付けた。
また時計のデザインになっているウォールステッカーや壁面収納も取り付け、部屋全体が明るく可愛らしくなった。
            after
和光建物02.jpg
同物件は昨年末からDIYができる賃貸アパートになり、主にリビングスペースの壁紙や床材の貼り付け、壁の塗装、タイルシールや壁面収納の取り付けなどが自由にできるようになった。
規定内であれば、入居者が原状回復費用を負担することはない。
「単にDIYができる賃貸として入居者募集をするだけでは、認知度が上がらないと思い、退去者が出た部屋を自分たちでDIYしました」と説明するのは、同物件を所有する和光建物(東京都渋谷区)の竹岡剛志氏。
より多くの人に知ってもらいたいと、DIY体験ワークショップを開催し、同社が推奨する塗料メーカーや壁紙を取り扱う企業の協力を得て一般参加者とともに施工した。
昨年末から入居したのはイギリスから帰国したばかりの入居者。
「海外のようなカラフルな家に住みたい」という希望で、海の色をした壁が気に入ったという。
7万円だった家賃は2000円アップした。

関連記事